BOSSのシャツガイドBOSSのシャツガイド

BOSSのシャツガイド

BOSSのシャツを見る

BOSSならではのクオリティーとデザイン

BOSSのシャツを選べば、何十年もの仕立て経験に裏打ちされた真価が手に入ります。スマートなアフターファイブに、昼間のオフィスに、くつろぎの時間に。BOSSのシャツはどれも、BOSSのスペシャリストチームがデザインし、上質の生地を入念に仕上げたもの。ほとんどの生地は、BOSS Menswearのためだけに作られています。コンセプトやデザインの練り上げから仕上げのボタン付けに至るまで、仕立てのステップを1つひとつ丁寧に重ね、理想のフィット感、極上の心地良さ、そして洗練されたルックを創り出します。

BOSSのシャツを1枚縫いあげるためには、180mに及ぶ長さの糸が必要です。実にサッカーフィールドの2倍の長さです。

テーブル上のボタン、縫い糸のついたシャツ by BOSSテーブル上のボタン、縫い糸のついたシャツ by BOSS

シャツのカラーガイド

ケントカラー by BOSSケントカラー by BOSS
1/6
ケントカラー

ケントカラーはどんなネクタイやシーンにも合わせられる、使い勝手のよいカラータイプです。襟羽の開きが均一なため、いろいろなネクタイの結び方を楽しめます。バランスがよく、どんな仕立服も引き立ててくれます。

スプレッドカラー by BOSSスプレッドカラー by BOSS
2/6
スプレッドカラー

スプレッドカラーの襟羽は、どのカラータイプよりも大きく開いています。ワイドなスペースには、幅の広いネクタイやハーフウインザーノットのような大きめの結び方が似合います。またこのカラーには、下襟が大きめのダブルスーツもよく合います。

ボタンダウンカラー by BOSSボタンダウンカラー by BOSS
3/6
ボタンダウンカラー

ボタンダウンカラーといえば、モダンな名門私立校ルックを決めるカジュアルシャツの定番。フォーマルなスタイルにも活用でき、ネクタイを締めてブレザーを羽織ればきちんとしたルックになります。

ポイントカラー by BOSSポイントカラー by BOSS
4/6
ポイントカラー

ポイントカラーは襟羽の開きが狭く、襟先が鋭くとがっているため、きちんとしたスマートなイメージを演出できます。スリムなネクタイとモダンな仕立服にぴったり。

スタンドカラー by BOSSスタンドカラー by BOSS
5/6
スタンドカラー

スタンドカラーはグランダッドカラーとも呼ばれ、折り返しの襟羽はなく、帯状に裁断した生地が首周りにあるだけのシンプルなカラー。ミニマルなルックを演出し、カジュアルなシーンで活躍するだけでなく、ウェディングやパーティーの仕立服とも合わせられます。

ウイングカラー by BOSSウイングカラー by BOSS
6/6
ウイングカラー

ウイングカラーは、フォーマルなイベントでボウタイと合わせるためのもの。基本的にほかのネックウェアと組み合わせることはありません。首の後ろでボウタイのバンドが見え、前側の「ウイング」にボウタイが納まるようになっています。

シャツ スタイルガイド

ライトブルーのシャツ、ネービーのネクタイ、ベージュのチノ by BOSSライトブルーのシャツ、ネービーのネクタイ、ベージュのチノ by BOSS
ホワイトのカジュアルシャツ、ブルーのジーンズ by BOSSホワイトのカジュアルシャツ、ブルーのジーンズ by BOSS
シャツをどう着こなすか?

BOSSのシャツを手にしたら、次はどう着こなすか、が問題。チェックのシャツにストライプ柄のネクタイは合わせてもよいか、袖を折り返してだらしなく見えないようにするにはどうすればよいか、とお悩みですか?手もとのシャツを堂々と着こなしていただけるよう、BOSSのガイドに秘訣が載っています。以下のリンクからコツを探って。

BOSSの職人技

BOSSはエジプトや米国の綿花農家と提携し、世界最高水準のコットンから完璧なファブリックを作っています。できあがったファブリックは裁断されて、エクストラスリムフィット、スリムフィット、レギュラーフィットといったBOSSならではのフィットのシャツに縫い上げられます。ドレスシャツ1枚には、実に50点以上のパーツが使われています。最終検査では、最高品質のシャツだけにBOSSのラベルがつけられます。

コレクションを見る

HUGO BOSSストアのインテリアHUGO BOSSストアのインテリア

ストアファインダー