ポケットチーフの折り方


ポケットチーフには永遠のエレガンスが秘められています。どのような場面でも、ポケットチーフは装いに洗練されたカラーアクセントと個性をプラス。小さなアクセサリーですが、大きなインパクトを与えるポケットチーフ。

19世紀、ツーピーススーツが定番になると、紳士たちはハンカチを胸ポケットに入れて汚れないようにしていました。この本来の機能は、Fred Astaire(フレッド・アステア)やClark Gable(クラーク・ゲーブル)などのハリウッドのアイコンがファッションアクセサリーとして使い始めた1960年代に失われました。

 ポケットチーフ はそれ以来ファッション性の高いアイテムになりましたが、上手に身に着けるためには秘訣があります。生地を清潔で張りのある状態に保ち、シーンに合わせてきちんと折りたたみます。ディテールが重要なのです。

イメージをクリックしてポケットチーフの折り方がわかるBOSSの手順ガイドを参考に、TPOにふさわしい折り方をセレクト。

BOSSが贈るポケットチーフの折り方 BOSSが贈るポケットチーフの折り方

プレジデンシャル

プレジデンシャル プレジデンシャル

プレジデンシャルはどんなアウトフィットにも合う、最も簡単な折り方。張りのあるコットンやシルクのポケットチーフのごく一部が胸ポケットからのぞくようにします。このシンプルなスタイルは、特に黒ネクタイのコーディネートにぴったりで、最もフォーマルな礼装にさりげないアクセントをプラスします。

ツーポイント

ツーポイント ツーポイント

ツーポイントは、ユニフォームとしてのビジネスウエアに個性をプラスします。大胆な折り方の一つですが、かっちりとした形できちんと整っているため、スマートなイベントやオフィスでも場違いな印象を与えません。

クルーズライナー

クルーズライナー クルーズライナー

リラックスした雰囲気を演出するクルーズライナー。なだらかな互い違いのスロープが、こなれた印象に。気軽なサマールックにはリネンのポケットチーフが最適。詰まった布目が型崩れせず、かっちりとした形をキープできるため、スマートにルックが続きます。

ダイアゴナルシェル

ダイアゴナルシェル ダイアゴナルシェル

自分のスキルを披露できる、ダイアゴナルシェル。マスキュリンで構造的なエッジのプリーツは、特に柔らかなシルクと絶妙なコントラストを生み出します。このスタイルは、ウエディングなどのイベントに最適です。特にモダンなアプローチがお好みなら、ネクタイを着用せず、ポケットチーフだけで飾るのもおすすめ。

BOSSのポケットチーフ コレクションを見る