夏にスーツを着こなす方法

オフィスの中でもスマートなイベントでも、暑い夏にスーツを着なければならないことがあります。重ね着は避けられませんが、過度に暑さを感じることなく、仕立服をきりっと着こなすことは可能です。素材や仕立てを意識してスーツを着こなしましょう。

BOSSのブルーのスーツとポロシャツ BOSSのブルーのスーツとポロシャツ

夏のスーツ

スタイリング

暑い季節にシャツとネクタイを着用すると暑苦しく感じます。そこで暖かい季節への移行期には、スーツの合わせ方を工夫するのが1つの方法。圧迫感を感じさせない、軽やかなアイテムが決め手です。次のいずれかがおすすめ。

ブルーのポロ ブルーのポロ
ポロシャツ

襟とボタン付きプラケットが付いているポロシャツなら、テーラードシャツのような雰囲気を演出できます。ポロシャツは通気性の良いソフトな素材でできているため、シャツよりも快適。

ホワイトのTシャツ ホワイトのTシャツ
Tシャツ

半袖の薄手素材のTシャツは、違和感のないシーンであれば、スーツのインナーとして爽快感は抜群です。洗練されたルックを保つため、シンプルなものをセレクト。

BOSSのシャツ BOSSのシャツ
サマーシャツ

時にはテーラードシャツ がマストの場合もあります。そんな時にはリネンなど、特に薄手の素材でできた、サイズも若干ゆとりのある1着をセレクト。

夏のシャツ 夏のシャツ

素材

大半のスーツはウール仕立てのため、夏の着用としてはいまいちの評判。しかし他の素材もあります。

BOSSのリネンのクローズアップ画像 BOSSのリネンのクローズアップ画像
リネン

夏に不可欠な素材のリネンは通気性が極めて良く、自然に湿気を逃がしてくれるので、爽やかな着心地が続きます。爽やかに過ごすには、当然の選択。

BOSSのガーメント染め素材 BOSSのガーメント染め素材
ガーメント染め

BOSSのガーメント染めスーツは、通気性の良い薄手のコットン製で、サマースーツに最適。

BOSSのシアサッカー生地のクローズアップ画像 BOSSのシアサッカー生地のクローズアップ画像
シアサッカー

軽い織りのシアサッカーが布地の下まで空気を通すため、夏の間ずっと快適で過ごせます。

夏向きの素材 夏向きの素材

コンストラクション

スーツのつくりは外側から見るとシンプルでも、内側の構造次第で着心地が大きく変わります。暑さ対策には、以下の特徴を備えた仕立服を選びましょう。

通気孔入りライニング 通気孔入りライニング
通気孔入りライニング

パフォーマンス アウターにも使用する技術ですが、ジャケットに通気孔入りライニングを取り入れると、空気の循環がよくなります。このテクニックをスーツにも応用。

BOSSのアンコン仕立てジャケット BOSSのアンコン仕立てジャケット
アンコン仕立て

伝統的なスーツは、かちっとしたルックに仕上げるために、内側に幾層もの芯材を使用しています。アンコン仕立てのスーツには芯材がなく、その分、層が少ないため通気性が向上。

BOSSの半裏仕立てのクローズアップ画像 BOSSの半裏仕立てのクローズアップ画像
半裏仕立て

シャープな印象に仕立てられた伝統的なスーツをお求めの方は、裏地を身ごろの一部だけにしたものも選択肢の1つ。半裏仕立てにすることで、着心地がかなり軽くなります。

夏向きの構造 夏向きの構造

動画版:夏にスーツを着こなす方法

いつでも適切にコーディネートするためのポイントを網羅したガイドの概要を動画でご覧ください。